サントワマ ミー

人生楽ありゃ苦もあるさ~♪

スポンサーサイト

--月--日(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント(-) |トラックバック(-)


てんぱってきた

09月29日(月)23時46分
チケットぴあや、その他もろもろのところで、いよいよたつ郎さんのツアーのプレリザーブが始まった。
今日知って今日会員登録して抽選に申し込んだりしたところなんかもあるからもうなにがなにやら、わけがわからなくなってきた。
個人情報大サービス状態。
そのうちどれだけ当たるんだろう?
関東圏のはとりあえず全部行きたいんだけどなぁ。
スポンサーサイト
diary |コメント(-) |トラックバック(-)


イベントは楽しい

09月28日(日)22時01分
K王さんと一緒にスパークに行って来た。
一番熱かった(K王さんが)忍たまは総じて売り切れ。
すごいね、きてるね。エリア的にも歩けないほど混んでた。
プチオンリーのパンフも売り切れてたしね。
まぁのんびり行ったのがいけないと言えばそれまでだけどね。
カタヤマさんとこでMGS4のバッヂを買って、ハルヒスペースに挨拶に行って日和の本をもらって(Yキさんありがと~!)あとは雑貨エリアをこらしめて帰ってきた。
まぁ雑貨見るの、楽しかったこと。
なんだかいろいろと買ってしまったよ。
で、勢いついて渋谷でオープンしたての山田電機をはじめ、東急ハンズ、無印良品を練り歩き更にいろいろと買ってしまった。
VERSOS iPod用ブロック型スピーカーブラック BB5002-BKVERSOS iPod用ブロック型スピーカーブラック BB5002-BK

商品詳細を見る

これ、ipodを差すだけで音が出るスピーカーなんだよ~。
本体と同じ色の黒を買ってきた。
さっそく試してみたら、やっぱり小さいから薄っぺらい音だけど卓上で聞けるのは嬉しい。
CD出してくるの面倒臭いしイヤホン差してられない…ちょっと聴きたいってときがあるんだよね。
それにしてもよく歩いた。
最近万歩計持って出かけてるんだけど、今日は14389歩も歩いてました。ひぇ~
diary |コメント(-) |トラックバック(-)


強くするのは面白い

09月26日(金)18時23分
ゲーム「ワールドデストラクション」、クマのトッピーが仲間になったところ。
これから死の沼とかっていうところになんかの草を取りに行く予定。>いいかげんな…
操作に慣れてないから仕方ないんだろうけど、バトル時のボタンを押し間違えるなぁ。
ダンジョンの壁がツルツルしてないので、壁に当たるといちいちひっかかって止まるし。
もしかして釣られちゃった?って不安を胸にしつつ、もう少し頑張ってみますよ。
ゲーム |コメント(-) |トラックバック(-)


新しいゲーム

09月25日(木)19時59分
久しぶりな感じ。
ゲーム「ワールドデストラクション」、制作は脚本・加藤正人、音楽・光田康典、イラスト・田中久仁彦と言うゼノギアススタッフチーム。
今までダウンロードしたPSPソフト「ゼノギアス」をやってた(すでに2周目)のだけど、そっちを中断してやってみることにした。
どんなかな~。
様子見していたメタリギアソリッド4も、アクション下手な私でも出来る!と太鼓判いただいたんで、近々PS3も手に入れたいところ。
でもまだまだ高いね。
価格.comで36500円とかそんな感じ。
これからツアーのチケット代がどんだけ出てくか分からないんで、少しそっちが落ち着いてからにしようかな。
とりあえず、ヤフオクでDVDの「バンドシネ」だけは買った。
ゲーム |コメント(-) |トラックバック(-)


映画「幸せの1ページ」

09月24日(水)22時07分
maru監督:ジェニファー・フラケット、マーク・レヴィン
出演:ジョディ・フォスター、アビゲイル・ブレスリン、ジェラルド・バトラー
あらすじ
アレクサンドラは冒険小説のベストセラー作家で、彼女の産み出したキャラ、アレックス・ローバーは、世界を駆け巡っている。
それなのに、当の作家本人は対人恐怖症で引きこもり。郵便物さえ取りに行けない。
ある日ネットで新作のネタ探しをしていて孤島で暮らす海洋学者の記事をみつけ、質問メールを送る。
だがメールのやりとりをしていた相手は実は学者本人ではなく彼の娘ニムだった。
彼が海洋調査のため島を離れていたときに嵐がきて難破。
ひとりぼっちになってしまったニムはアレクサンドラに来てくれ!とメールを送る。

来てくれ!ったって、南太平洋ですよ。(笑)
ジャンボジェット機に乗って大騒ぎしてた人が、最後は双発機に乗るハメになったときは大笑いしたよ。
ところがそれだけでは終わらず、最後は嵐の中でヘリコプターにまで乗る。
もうね、彼女が家を出るまでと、彼女が孤島に着くまでが面白い。
あとは動物がかわいい。
たぶんCGなんだと思うけどトカゲがかわいすぎる。ペリカンも。
かわいすぎて絶叫したよ。これは予想外だった。
映画 |コメント(-) |トラックバック(-)


雨よく降るなぁ

09月22日(月)12時45分
maru土曜から富士山麓にいってきた。
障害者乗馬のボランティアの秋の恒例イベントなんだけど、楽しかった~。
台風が去ったわりにピーカンにならずに、ずっと降ったりやんだりだったなぁ。

diary |コメント(-) |トラックバック(-)


結構便利

09月18日(木)23時29分
maruこれ布製です。
スタバでテイクアウトのコーヒーを入れてもらう紙袋と同じ大きさなので、ちょっと小さいかな?と思ってたけど、日傘入れて持ち歩くのにちょうど手頃な大きさでした。
中にボトルホルダーがあるのもいい。
ペットボトルを立たせておけるなんてちょっと嬉しい…いつも寝かせて入れてたからねぇ。
ホントはタンブラーを立たせるところなんだろうけど、タンブラー持ってない。
diary |コメント(-) |トラックバック(-)


アウターバードバス

09月17日(水)21時07分

鳥カゴに外付けしてある水浴び器。
チョコの大のお気に入りで、朝一回キッチンで浴びた後、夜寝るときに外すまでに2回も3回も浴びてる。
でも暗くてよく見えないかも。

diary |コメント(-) |トラックバック(-)


これは大丈夫

09月16日(火)11時59分
maru短いタイプのチップスターの空き箱を回らないようにガムテープで軽く固定してあげると喜んで入るなぁ。
トイレットペーパーの芯は怖がっちゃうんだよね。
バーコードのあたりを切り抜いて、小さな窓を作ってあげたら、そこから顔を出したりする。>ハァハァ
なんとかして動画に撮ろうとチャンスを狙ってんだけど、カメラに気づくと出てきちゃうんだよなぁ。
この画像もじっとしてないから見事なピンボケだし光量が足りなくて赤っぽくなっちゃうし。

maru…なにしてるっピ?
diary |コメント(-) |トラックバック(-)


敬老の日だった

09月15日(月)23時52分
いろんな意味でへとへと…グッタリ。
早く敬われる側に回りたい。(笑)

11日にたつ郎さんのツアーのFC先行販売の案内が届いてから、頭の中がチケ取りのことでいっぱい!
いや~ん、楽しみ!
diary |コメント(-) |トラックバック(-)


かわいい

09月09日(火)11時11分
maru子供郵便局のじゃないよ。
60円で売ってるミニレター。
A4版のビンセンを三つ折りにして郵送する感じ。
切手部分がね、かわいいよねぇ。
最近滅多に手紙出すことなくなっちゃったけど、ここは一つ愛用したいところ。
diary |コメント(-) |トラックバック(-)


心理テストバトン

09月06日(土)10時50分
K王さんから回ってきました。
答えで深層心理がわかると言うものらしい。
でもそれがわかったのは答え終わってから。>タイトルからわかりそうなもんだろうに
言われた通り、すごく素直に何も見ずにサクっとやってしまいました。
なので面白がってすっかりネタに走り、あんまり心理テストにはならなかったような気がする。
いやむしろ当たっているのかも!(ある意味)
テストとして活用したい人は、くれぐれもネタに走らず直感的にお答えください。(笑)
回答してから後半の解説を見たほうが面白いっすよ。

『心理テストバトン』

■最初に、回す5人
アンカーで。

■次の接続詞に続けて文章を完成させてください。
 みな独立した文章です。

1.「しかし」どんなに研鑽を積んだとしても、進藤ヒカルに勝てる気がしない>越智談

2.「やがて」二人は、次第にお互いが気になって仕方がない存在になっていったのです

3.「ただ」覚悟しておいて欲しいのは、その選択が決して楽な道すじではないということだ

4.「だって」おまえが男といえども料理の一つ二つ出来るようになれって言うからさぁ

5.「そして」二人は、数々の苦難を乗り越えていく内に愛し合うようになったのです

6.「水たまりは」空とキミを映して揺れる

7.「あの子って」いっつも進藤のこと見てるよね、相当気になってんじゃない?>奈瀬談

8.「今日の私は」どうかしているな、進藤くんの手に佐為の打ち筋を見た気がするなど>パパ談

9.「すこしは」懲りろってんだよまったく…ゲームでは、おまえはオレに絶対勝てねぇの!

10.「涙は」ボクの前だけにしてくれ…あんなにはかなげな風情を他人にも見られたかと思うと…

■結果■
1.『しかし』とはこれまでのことを振り返るときに必ず使います。
つまりこの後に続く言葉は『今までの人生』を象徴します。 

2.『やがて』は近い未来を予想、あるいは予測する時に使います。
あなたが今一番気になる未来…『恋人との行方』を表します。

3.『ただ』これは後に『…だけ』などが続き、
非常に少数なものを語る時に使う接続詞なので『一人の時のあなた』の
状態がここで浮き彫りにされるでしょう。 

4.『だって』はもちろん言い訳する時の常套句(じょうとうく)です。
 あなたが言い訳する時、 あなたが知らず知らずのうちに
 自分の欠点を語っているのです。
 人のせいにしてしまおうと言い訳しているはずなのに、
 実は『あなたの嫌なところ』をさらけだしてしまっているのです。
 
5.『そして』は現状を受けて、その延長線上『あなたの老後』
がここに映し出されてます。 

6.『水たまり』というのは真実を映す鏡の象徴でもあります。
水たまりをどうとらえるかによってわかるのは『あなたの本当の姿』です。

7.『あの子』これは他人を指す言葉ですね。
 他人に対する言葉は裏返してみれば他人の目に映る自分を意識する言葉でもあるのです。
 自分をつくろったり、 よく思われたいと願う部分、
 これは『好きな人の前にいるあなたの態度』です。

8.『今日の私』、『今日』とあえて限定すると、
 とてもあらたまった気持ちになります。
 でもそこには無理にとりつくろった偽りの心が含まれていることも事実でしょう。
 ここでは『ウソをついている時のあなた』が表れてしまいます。

9.『すこしは』…出来なくてもいいからわずかでもいいから努力しなくてはと、
 自分を叱咤激励(しったげきれい)するような気持ちをこめたこの言葉から導かれるのは、
 あなたのやる気、つまり、『今年の目標』なのです。

10.『涙』は喜び、悲しみ、感動とさまざまに揺れ動くあなたの心の代弁者です。
大人への第一歩を踏み出した『初体験の時』の不安や喜びがここでわかります。
心理テストバトン |コメント(-) |トラックバック(-)


興味はある

09月04日(木)12時04分
「魔方陣グルグル」大好きで、今でもときどきマンガ読んだりアニメ観たりしてるんだけど、スクウェア・エニックスが10月からスタートさせるweb雑誌ってのに、衞藤さんが描くらしい!
どれどれ…と見てみたら、衛藤ヒロユキ「キタキタ(仮)」。
え?グルグルの続編なの?しかもキタキタって…。
ニケでもククリでもなくてキタキタ…こんなタイトルにしといて、読みたい!って思えってか?
なんとなく気になって見には行っちゃいそうだけども。
漫画 |コメント(-) |トラックバック(-)


映画「SATC」長文&ネタバレ注意

09月03日(水)11時04分
maru監督・脚本:マイケル・パトリック・キング
出演:サラ・ジェシカ・パーカー、キム・キャトラル、クリスティン・デイヴィス、シンシア・ニクソン他

テレビシリーズから4年。
新聞のコラムニストだったキャリーは、すでに3冊のベストセラー作家。
サマンサは、スミスのためにハリウッド住まい。
シャーロットは養女リリーの母親業にいそしんでいる。
ミランダは家庭と仕事でいっぱいいっぱいの日々、余裕のない彼女にスティーブも辟易している。
そんな中、キャリーは長年付き合っているBIGと一緒に暮らすアパート探しをしていた流れで、いっそ結婚するか?と提案される。
そこから事態は急展開の相を見せる。

始まって早々にテレビシリーズでも連発されてた「fabulous!」(すばらしい)が出て、ああ彼らが帰ってきたんだな~と嬉しくなった。
長い長い!2時間半だもの。
詰め込みすぎの感もあるけれど、ドラマの映画化は薄っぺらくなりがちな昨今、コッテリ濃いのを観られて私は嬉しかったわ~。
ホントはドラマでじっくりやって欲しいよ。
どのエピソードも、それ一つだけでドラマ一回分になりそうなものばかり。(×4人分)
終盤は涙が止まらなかった。
たぶん嬉しかったんだろうなぁ、みんなよかったねと言う気持ち。
いやもうホント、冷静に感想とかって言ってられない。
一つ一つのエピソードそれぞれに思い入れがあって。
ホントに期待を裏切らない映画だったし、まさしく女性が主人公の作品だと思ったよ。
男性は脇役に徹底してる。そこがまたいいのかもね。
SATCでよく話題になるのがファッションのこと。
実際ブランド好きなおしゃれさんの刺激にもなってるらしい。
私は関心がないので、残念ながらそう言った意味では見事なほどにファッション関係はスルー。
繰り返し出てくればさすがに名前くらいは覚えるけど、特に欲しくもならないしね。
マノロの靴なんて、たぶん幅が細くてヒールが高くて履けないし、履けてもたぶん転ぶ。
日本でも売ってるんだってね~びっくり。

キャリーは実はドラマではイライラさせられることの多い人だったんだー。
とにかくわがままだし、自己中心的だし。
彼女のエピソードには、なんでそんなことするのか(言っちゃうのか)わからないと思うものがいくつもあるんだ。
今回も結婚式の準備をしてるときは、あなたは何と結婚するつもりなの?と突っ込みたくなるくらいBIGが置いてきぼり。そんときはまたかよ~って思ってた。
だけど気がつくんだよねぇ、目的を見失ってたことに。
正直20代の子じゃあるまいし今さら気づいたって言われても…と思わないでもないけど、以前のキャリーなら気づけなかったと思うからなぁ。
アシスタントのルイーズにすごいX'masプレゼントを用意しておくところも、前ならあり得ないよ。
人を気遣ってこその自分と言うかね、情けは人の為ならずと言うかね。
彼女の言うI love my lifeってのは、自分の周りの人がハッピーだからこそ実感できるものなんだってことだね。
と、言うわけで今回はイライラしなかった。
マリッジブルーになるのも男性だってところが笑っちゃうけどBIGが肝心なとこで揺らぐんだよね。
BIGが揺らいだ原因として色々上げられてたけど、結局私はミランダの言葉でも同僚の心ない言葉でもなくて、あのヴォーグの特集がいけなかったんじゃないかと思うよ。
でもだからと言って、彼女の立ち位置(過去に取材をしたこともあれば、アレクサンドルを編集長と取り合った縁もある)なら、あの編集長からの話を断ることは出来なかっただろうとも思うし、きれいで見応えあったからやってくれて嬉しかったし。
ホント、撮影シーンはわくわくした。

サマンサはスミスと別れてしまったなぁ。理由がまた…。
「I love you、 but I love me more」だから大好きなNYに帰るわと。
ホントにホントに自立してるんだよ、かっこいいよサマンサ。
よく5年も頑張ってスミスのバックアップしてたなぁと感心してしまう。
ああ言う生き方は、サマンサの流儀に合わないよね。
それは彼女も重々承知してたんだよ。
ただ、自分が病気したときに支えてくれた人だから、俳優として独り立ち出来るまで支えてあげたかったと言うね、なんとも漢気あふれる理由だったんだよね。
だから苦手な料理も頑張ってやっちゃうし(女体盛りまで!)、魅力的な隣人になびいたりもしない。
いや~マジで魅力的だったな、隣のお兄さん。(笑)
今でも彼のお尻が頭に焼き付いて離れないよ。
今日ジムでお尻のエクササイズやってるときに思い出しちゃって、笑いこらえるのが大変だった。

ミランダもね、自分がいっぱいいっぱいだったことに気づけてよかった。
だからスティーブのミスを許せたんだもんね。
二人でカウンセリング受けて、後日ブルックリン橋で再会したときには私まで嬉しかった。
だけどあれだよ、スティーブもいけないと思うよ。
浮気がいけないのは当たり前だけど、自分の良心が苦しいから告白しちゃうってどうよ。
そんな罪悪感で苦しむこともひっくるめて墓場まで持って行く覚悟がなきゃ、やっちゃだめなんじゃないの?(バレてないなら)
ただ一回の気の迷いだからって裏切りには変わりないんだからね、パートナー傷つけるには十分だよね。
彼女の気持ちが痛いほど分かるだけに、スティーブに腹立ってねぇ。
何年もかけて大事に積み上げてきたものが一瞬で瓦解しちゃうんだよ、脆いもんだよね。
息子のためにマンハッタンからブルックリンに引っ越して、主婦業と子育てと義母の介護しながら遠距離通勤して…って頑張ってた上での「いっぱいいっぱい」だったのにね。
別居したミランダが、一人寂しく新年を迎えると知ったキャリーが、ミランダのアパートまで雪の中駆けつけてくれたのは嬉しかったなぁ。

今回シャーロットはお笑い担当だったような気がする。
本人は至って真面目というか本気なんだけどね。そこがいい。
みんなを笑わせ、それを観ている私まで笑わせてくれてありがとうって感じ。

キャリーがメールを読みながらカップヌードルを食べるシーンがあったのね。
容器が大きく映り込んだりしたものだから、スタッフロールの協賛のところで、ディオールやヴォーグと並んで「日清」って出るんじゃないか?と思って一生懸命読んじゃった。>残念ながらなかった

アメリカのテレビシリーズ全般が好きって訳じゃないのに、なぜかこの作品だけは飽きずに見続け、NYに行きたくなるくらいハマってしまった。
彼らが好きだから、いくらでも続きが観たい。
そう思ってる人が多いのか、さらなる続編が制作される可能性があるんだって。
米HBOチャンネルのエグゼキュティブが「いつ実現するのか、などはコメントできる段階ではないが、企画に向けての準備が進んでいる」って言ったらしいよ。
うんうん、ステキなおばあさんになったSATCだって面白いと思うよ。

公開された次の週のレディースディに観て、その週末の土曜に観て。
もっかいくらい観たいなぁ。
映画 |コメント(-) |トラックバック(-)


TOP

template designed by honome

FC2Ad

ちょっ!

appaloosa

Author:appaloosa
サントワマミーは「Sans toi m'amie」で「君がいなくては」と言う意味。

glad to see you

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。