サントワマ ミー

人生楽ありゃ苦もあるさ~♪

スポンサーサイト

--月--日(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント(-) |トラックバック(-)


映画「重力ピエロ」

06月17日(水)22時52分
pi監督:森淳一
出演:加瀬亮、岡田将生、小日向文世、鈴木京香

大学院で遺伝子を研究してる兄泉水と、芸術的な才能を持つ2つ年下の弟春は、大きくなっても小さいときと同様仲がよい。
事故で母を亡くし、優しい父と兄弟三人で暮らしている。
グラフィックアートを消す春を見守る泉水。
なぜか春の消したグラフィックアートの近くで発生する不審な連続放火事件。
兄弟は力を合わせて犯人を捕まえようとする。

ようやく観に行けた。
でももう終わりそうだった。
川崎ではラゾーナの109シネマズだけだったし、小さなハコで午後からしかやってなかったし。
危ない危ない。
それでも席はほぼ満席。大盛況。
口コミで来る人もいるのかな?
ストーリーはほぼ原作通り。
フラッシュバックのような効果の使い方が若干違ったかな。
本読んでて泣いたことがなかったので油断してたら、2カ所ほど泣かされた。
小日向さんがいい味だしてるんだよ。
もうまさしくお父さん。実は私が泣かされたのはこのお父さんに因る。
春役の岡田くんは信念を持ってるしっかりした部分と、精神的に不安定な危うい部分を持ち合わせた春のキャラをしっかりと掴んでた。
ホノカアボーイとは真逆のキャラなのに上手かったなぁ。
彼がもし大根だったら、窪塚の若いときがベストキャスティングだったのにと文句を言うつもりだったけど、言わずに済んだわ~。
ホントに美しかったし…。(ねぇP太さん~?)
泉水の動機付けは原作より秀逸。
原作はそこの説明が薄いので分かり難い部分だった。
同行者が何年かして刑事さんが、ちょっと話を聞かせてくださいよと言って訪ねてきたりするのかな?と言ってたけど、事件の起きてるあの時点で17年前の事件との共通項を見つけられずにいた警察だから大丈夫なんじゃないかな?と言っておいた。




スポンサーサイト
映画 |コメント(-) |トラックバック(-)


TOP

template designed by honome

FC2Ad

ちょっ!

appaloosa

Author:appaloosa
サントワマミーは「Sans toi m'amie」で「君がいなくては」と言う意味。

glad to see you

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。