FC2ブログ

サントワマ ミー

人生楽ありゃ苦もあるさ~♪

映画「ハリーポッターと謎のプリンス」

07月21日(火)23時18分
harry監督:デヴィッド・イェーツ
出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、アラン・リックマン他

ハリーポッターシリーズ第6弾。
前回の「不死鳥の騎士団」での激戦を経て、いつものように夏休みを過ごして新学期へ。
夏休みにダドリーの家へ帰らなくてもよくなったハリーはロンドン界隈で放浪の旅を楽しんでいた。
そんなハリーの元へダンブルドアが現れ、ダンブルドアの元同僚のホラスをホグワーツの新任教師として迎え入れる勧誘に付き合わされた上、新学期からはそのホラスに取り入って情報を得るよう指示される。
ヴォルテモードの学生時代(トム・リドル)の教師であった彼こそがヴォルテモード撲滅への決め手になる秘密を握っていると思われたからだ。

前回が激しかっただけに、今回はホッと一息モードな感じがする。
次回がね、もうラストに向けての大激戦だから、せめて今回くらいはほのぼのしてていい。
ラストのスタッフロールの最後に、最終巻「死の秘宝」は2本に分割して映画化される予定だと書いてあった。
死の秘宝は泣く。ぜったい泣く。つか早く観たい。(生きてる内にやって~)
今回もいろいろと話の進展はあったけど、やっぱり次回に向けての準備号という感じだったなぁ。
映画は短いね。2時間半なんてあっと言う間。
それだって本読んでなきゃ分かり難いところがたくさん。
ルーピン先生は知らない間に妻いるし、ドラコはヴォルテモードの手先になってるし、コーマック・マクラーゲンが突然パーティでハーマイオニーのパートナーになってるし。
今回の見どころは、謎のプリンスが誰か?と言うことだよね。
それが明らかになる一瞬は、知っててもドキドキする。
それ以外の部分がたとえ「不死鳥」と「死の…」の繋ぎのようであっても、「死の秘宝」を観るためには必要不可欠な「繋ぎ」だと思うので必見でしょう。
特におそらく次回の冒頭から説明なしで突入するであろう主役の3人の旅の目的は、今回の「プリンス」を把握してないと意味不明だと思う。
ダンブルドアの深い深いおもわくも。
そして次回、誰一人として無駄な人がいないすばらしさを堪能するために。
スポンサーサイト
映画 |コメント(-) |トラックバック(-)


TOP

template designed by honome

ちょっ!

appaloosa

Author:appaloosa
サントワマミーは「Sans toi m'amie」で「君がいなくては」と言う意味。

glad to see you