サントワマ ミー

人生楽ありゃ苦もあるさ~♪

スポンサーサイト

--月--日(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント(-) |トラックバック(-)


難しい問題だね

12月23日(水)11時30分
yom yom (ヨムヨム) 2009年 10月号 [雑誌]yom yom (ヨムヨム) 2009年 10月号 [雑誌]
(2009/09/26)

商品詳細を見る
めれんげさんに借りた、小野不由美の「十二国記」の書き下ろしが載ってる「yomyom10月号」を読んだ。>ありがとう
柳の国のお話で、国の司法を預かっている役人の苦悩のお話だった。
主上でもなく、麒麟でもなく、官吏。
なんの苦悩かと言えば、死刑は是か非か?と言うこと。
激情に駆られた敵討ちであってはならないと言う自身の理念、死刑による犯罪への抑止力はないという統計の結果、死刑はやめた方がいいんじゃない?と言う主上からのお達し。
彼は安易に死刑を選べない立場に追い込まれている。
そこへどうにもやりきれない連続殺人犯が登場して、彼は死刑にされるのかされないのか?
そんな極悪な犯罪を目の当たりにして、役人がどんな結論を導き出すのか…?まぁ読みどころはその辺ですね。
とは言え、久しぶりの十二国記、個人的にはどれだけわくわく楽しみにして読み出したか分からない。
それがこんな重~い話ですよ。楽しくない。
小野さんが昨今の日本の死刑について考えた結果なんだろうね。
庶民は好き勝手にあーだこーだと言い散らしてるけど、司法をつかさどる者はいろいろあってそうはいかないんだと、十二国記視点(役人視点)で小野さんが考えたことなんだよ、たぶん。
なんだかなー、柳の悪人がどうさばかれようと、麒麟や主上を温かく見守る女仙視点で読んでる私には一向に関係ないのよ。
十二国記特有の当て字的漢字を駆使して、それっぽくすれば読者が納得するとでも思っているのか?(いや実際の話、多くの十二国記愛読者が納得してしまっている模様)
とにかく小野さんに一番目にやって欲しいのは、途中で放置してある泰の話の続きを書くことですよ。
その上でなら、十二国記のフィルタをかぶせて自分の死刑観を論ずるくらい、私も気にしないはずです、たぶん。
スポンサーサイト
|コメント(-) |トラックバック(-)


TOP

template designed by honome

FC2Ad

ちょっ!

appaloosa

Author:appaloosa
サントワマミーは「Sans toi m'amie」で「君がいなくては」と言う意味。

glad to see you

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。