FC2ブログ

サントワマ ミー

人生楽ありゃ苦もあるさ~♪

やっぱり面白い

03月14日(日)12時01分
英雄の書 上英雄の書 上
(2009/02/14)
宮部 みゆき

商品詳細を見る
週末いい天気でいてくれると、いろいろ用事が片付いて嬉しいね~。
まだ寒いのに、動物は毛替わりのじきに突入。
ちょこは私の「抜けた羽コレクション」増やし続けてるし、馬はクッションが出来そうなほどブラシをかけるたびに冬毛がごっそり抜けるし。
宮部さんの「英雄の書」はファンタジー。
なんかくやしいけど(なんでくやしいのかわからないけど)、面白いんだよなぁ。
上下2冊でハリーポッターくらいのボリュームがあるんだけど、もう終わっちゃうの?ってくらい一気に読める。
このお話の設定は、同人やってる人には嬉しいと言うか、当たり前の設定なんで笑ってしまった。
この世の、本の数だけ世界があると言う設定。
自分の今いる世界も、こう言う物語の世界で自分はそのお話の登場人物。
ある事件が起きて失踪した兄の通った軌跡をたどりながら、本の世界を渡り歩いて追いかけなければならなくなった女の子が主人公。
魔導の力で本の世界にダイブすると、登場人物たちはその世界の中で普通に生活していて、飛び込んだ女の子は旅の人として扱われる。
これってさ、二次小説の肯定だと私は思っちゃったんだよね~。
だからなんだか嬉しくなっちゃったんだと思う。
紡ぐ人(作家)がいて、紡がれた世界が出来たらもうそこは紡ぐ人の手から離れて存在し続ける世界になるんだよって。
楽しい考え方だよねぇ。
そういうことが言いたかったんじゃないですって宮部さんは言うかも知れないけどね。(笑)
スポンサーサイト



|コメント(-) |トラックバック(-)


TOP

template designed by honome

ちょっ!

appaloosa

Author:appaloosa
サントワマミーは「Sans toi m'amie」で「君がいなくては」と言う意味。

glad to see you