FC2ブログ

サントワマ ミー

人生楽ありゃ苦もあるさ~♪

機内

04月07日(金)22時06分
airパイロットがこの近さって。
おもちゃみたいでね、落っこちてもやっぱりなぁって納得しちゃう小ささだったよ。
落っこちなかったけど、めちゃくちゃうるさかった。
離島まで10分くらいだったけどそれが限界だな。
それ以上だったらたぶん耳がおかしくなってたと思う。
エンジン音やプロペラの音、窓から見える景色から、宮崎アニメ「紅の豚」を思い出したよ。
離島ではマジで水上機の離着陸を当たり前にやってたしね。
あれこそまさにポルコロッソの乗ってたやつだよなぁ。

ゲームFFXIIは、フォーン海岸についたところから。
ここはまさにフィジーそのものだなぁ。
抜けるように明るい空、透き通る青い海と白い砂浜に緑も映えて。
そこまでの山地も樹林も岩肌むき出しだったり日が翳ってて暗かったりだったので、ひときわここの明るさが際立ってる。
なんかただ先に進みたくないってだけで意味もなく行ったり来たりしてたおかげでまたレベルが上がってしまった。
ヴァンのガンビットのトップに「盗む」を入れてあるので攻撃はフランとバッシュの二人でやってるわけだけど、この必ず一人が盗むをするシステムにしてからお金に困らなくなった。
石より毛皮系ね、高く売れるよ~。
羽とか角とか液とかもレアなものは結構高価。
ハンターズキャンプって言う唯一モンスターが出ないエリアで売り買いしたりセーブしたりしてからツィッタ大草原へ。
ここは殺風景な景色が続く実に面白くないところだった。
いくつもマップがあって、つってもボリュームはフォーン海岸とほとんど同じ感じなのになんかウンザリした気分になった。
一番奥の崖下にソーヘン地下宮殿へ続くほら穴があったので入っていくとクネクネ分かりにくいダンジョン。
そろそろ抜けるかな?ってところでボス「アーリマン」とバトル。
こいつもステータス異常がキツかったな~。
もうフランは二人の万能薬係に徹してた。
帝都アルケイディスに着くと、ひとしきりおのぼりさん的観光後ドラクロア研究所に行ってドクターシドとバトル。
シドはバトルに負けたあともやけに強気で、破魔石が欲しいか?欲しかったらギルヴェガンへ追って来い!とどっかで聞いたようなフレーズの捨て台詞を吐いて飛空挺で逃亡。
我々一行はなにがなんだかわからないうちに空賊のレダスって人にアルケイディスから「港町バーフォンハイム」に連れて行かれてた。
ここからギルヴェガンのある幻妖の森へ出発することになるらしいよ。
ところで今日になって思い出した!
何日も前に出てきたキャラの話だけど、ラーサーくんと別れた神都ブルオミシェイスで会ったロザリア帝国の王子アルシドの喋りかたが誰かに似てるなぁって思ってたんだよ!
みょ~に引っ張る喋り方。
アニメの「クロマティ高校」のメカ沢くんの喋りかたでした。
スポンサーサイト
diary |コメント(-) |トラックバック(-)


TOP

template designed by honome

ちょっ!

appaloosa

Author:appaloosa
サントワマミーは「Sans toi m'amie」で「君がいなくては」と言う意味。

glad to see you