FC2ブログ

サントワマ ミー

人生楽ありゃ苦もあるさ~♪

とりあえずかわいい

02月26日(火)23時56分
maru映画「KIDS」を観た。
だってさ~、玉木くんと徹平くんが出てるんだもん。>言い訳モード
原作は乙一。>読んでない
果てしなくワイルドな(感じにしたい)玉木くんと、芯は強いけどへなちょこな徹平くんの友情の物語だよ。
木更津が舞台らしい。(ごめん注意して見てなかった)
自動車修理工場で働いてるタケオ(玉木くん)は、いきつけのハンバーガー屋さんにアボガドバーガーを食べに行ってアサト(徹平くん)と出会う。
なぜか乱暴な人たちによく絡まれる二人。
そんな中でアサトには傷を移動させる能力があることが分かる。
その傷は出来立てのものでも、何年も前の傷跡でも自由自在。
口に出来た傷をさらせなくてずっとマスクをしているバンバーガー屋でウェイトレスをしてるシホも放っておけない。
でもシホ役の栗山千明は、マスクをしているときのほうが断然かわいい!
アサトの「傷の深さも痛みも、二人で半分こだね」は名ゼリフだよなぁ。
一応アサトの成長ものと言う話だったけど、もしかしたらそうだったのかな?と思えたのは最後の最後に「ボク、もう一度母さんと話してみるよ」って言ったときだけかも。
とにかく何が言いたいのか分からない。
訴えかけてくるものがないというか。
特殊な能力のある人はボランティアに頑張りましょう!と言うのがメッセージなら納得。
二時間は引っ張りすぎなんじゃないか?
と、ついつい作品として観てしまうと辛口批評になっちゃうけど、二人がラブラブなのはマジで萌え~。
シホが本気で好きなのか?と声を荒げて問うタケオに、アサトが顔の距離10センチくらい寄って「好きだよ!」って言うシーンがあるんだけど、そこだけ観たら徹平くんが玉木くんに告白してるみたいだよ~。
内容的にはイマイチだったけども、この映画での熱演が評価されてるなら、二人とも頑張ってやってよかったねと思うよ。
エンディングは槙原敬之。


スポンサーサイト
映画 |コメント(-) |トラックバック(-)


TOP

template designed by honome

ちょっ!

appaloosa

Author:appaloosa
サントワマミーは「Sans toi m'amie」で「君がいなくては」と言う意味。

glad to see you