サントワマ ミー

人生楽ありゃ苦もあるさ~♪

スポンサーサイト

--月--日(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント(-) |トラックバック(-)


映画「大いなる陰謀」

04月23日(水)19時37分
maru監督:ロバート・レッドフォード
出演:トム・クルーズ、ロバート・レッドフォード、メリル・ストリープ

ジャーナリスト歴40年のジャニーン・ロスは、未来の大統領候補と目されるジャスパー・アーヴィング上院議員から独占インタビューを許される。
上院議員は本当のことを報道して欲しいからこのインタビューのために1時間用意したと言って、対テロ戦争の新作戦について話し出す。
カリフォルニア大学では同じ一時間、教授マレーが将来性を見込んだ学生のやる気のなさになんとかやる気を出させようと躍起になっていた。
アフガニスタンでは同じ一時間で、新作戦に投入された2人の若き兵士が奮闘していた。
ロバート・レッドフォードの監督は7年ぶり。
無関心でいることの罪悪と自分自身で考えることの重要さを強く訴える、メッセージ性の高い作品になっている。

見終わったあとに、私もこのメッセージを強く感じた。
終わり方が妙にあっけないのも、それに続く彼の思考を、映画を観た観客に考えさせたかったからなのかも知れない。
だけどなぁ、日本とアメリカじゃ立ち位置が違うからなぁって感じ。
トムクルーズの上院議員の立てた新作戦がアフガニスタンと繋がっているのはわかる。
でも兵士たちが在籍していた大学の教授が、やる気のない学生になにをさせたかったのかがどうしてもわからない。
ロバートレッドフォードもおじいちゃんになっちゃったなぁと思いながら眺めてた。
スポンサーサイト
映画 |コメント(-) |トラックバック(-)


TOP

template designed by honome

FC2Ad

ちょっ!

appaloosa

Author:appaloosa
サントワマミーは「Sans toi m'amie」で「君がいなくては」と言う意味。

glad to see you

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。